きもの倶楽部 風流 HOME > きものミニ講座
きもの鑑定室
お召し(御召縮緬・おめしちりめん)
photoお召しという名は江戸時代、11代将軍徳川家斉が常に好んでお召しになっていたことで、将軍のお召し物という所から産地である桐生で名付けられました。

当時は町人文化の開花した、文化・文政の時代で縞お召し(柳条と書いていた)の男物。紺地の藍縞、茶縞、細い縞の千筋、万筋、微塵という一見無地に見える柄であったと思われます。将軍は、自らオリジナルデザインを発注し、この柄は御止縞(おとめじま)と称して他人が着ることを禁止したとのことです。

紬や銘仙は、平織りで庶民のきものであったのに対しお召しは緯糸を「八丁撚糸」という強く撚った糸を織り込み「しぼ」を出した先染の織物で高貴な方々のきものでありました。糸染をして織る物が先染で、白糸を織って布地にして精錬、染める白生地が「丹後ちりめん」等の「ちりめん」なのです。


「しぼ」「縮み」等、「しわ」を寄せた生地は湿度の高い日本で着る快適な衣料として作られた日本人の知恵の産物なのです。

お召しは「しぼ」のある先染の生地名で柄を何で表現するかによって次のような種類があります。
「縫取お召し」「紋お召し」「絣お召し」「縞お召し」「上代お召し」です。

photo「縫取お召し」は刺繍のように別糸を生地に織り込んで柄を作ったものです。

photo

photophoto 「紋お召し」
は「絵抜(えぬき)お召し」とも言い緯糸を表面、裏面に使い分けることで柄を表現します。紋織りと縫い取りを併用した「絵抜縫取お召し」、紋織りの一つで経糸を二重にした「風通お召し」もあります。

photoジャガードという輸入織機を使った西陣、桐生、十日町、米沢等がお召し産地となり先進的な工業生産地となったのです。

ジャガードを使わないお召しに矢絣で代表される大きな経絣を織った「絣お召し」、経糸だけで柄を作る「縞お召し」は西陣、桐生でつくられ、経緯糸で小絣を織ったのが越後の塩沢、十日町です。

photo photo photo photo pgoto



photo戦後の一時期「結城紬」も緯糸につむぎと強撚糸を一本おきに織った「結城紬お召し」が大半でした。

同じように撚糸と紬糸を織り込んだ「上代お召し」もきもの好きな人に人気のある品でした。

photoお召しのメーカーは京都、東京のお召し専門問屋の傘下に入り各々の問屋から出るデザインを織り、注文主である問屋の名で市場に売り出されました。デパートの売り場では銘仙が実用呉服売り場の商品であったのにお召しは縞や絣が高級売り場、紋や縫取は特選呉服売り場で売られておりました。

人気商品は、必ず安価で大量生産される類似品が出回るものです。
レーヨンを使った「人絹お召し」「ウールお召し」が大量に生産されました。
「悪貨は良貨を駆逐する」の例えのとおり、悪貨が大衆の支持を得て一時的に繁栄しますが、やがて飽きられ衰退していきました。

現在お召しは通産省の伝統的産業品に指定されておりますが、八丁撚糸機が無くなって殆ど生産されておりません。

しかし、何故か、リサイクル、古着としてお店で見るお召しは本物の良貨お召しであり、偽お召しは箪笥の中で眠る事無く朽ち果ててしまったのでしょうか。
今人気のある銘仙より一挌も二挌も上質のお召しにもう一度スポットを当ててみようではありませんか。